インプラント治療の保険適用

インプラントの治療は高額治療であると言われています。顎の骨に穴を開け、そこに土台を埋め込むなどの手術を要する治療であり、高度の技術を要する為、高額になります。更に、この治療は保険が適用されないケースが多く在り、自己負担も多くなります。しかし、治療を受ける側の負担は大きいですが、全てのインプラント治療が保険が適用しないわけではないようです。保険が適用する条件の1つとして、施設が病院であることが条件になっています。歯科は全てが病院なのでは?と思う人も多いものですが、病院と言うのは一つの定義があるようです。

インプラントの保険適用条件

病院と言うのは、ベットの数が20床以上の入院施設を持つものを病院と呼ぶのだそうです。インプラント治療を行う歯科の大半は、入院施設など有りませんし、ベットが有るわけでは有りません。また、ちょっと大きい歯科でもベットが20床以上あるわけでもないですし、普通の歯科治療では入院などすることは有りません。因みに、病院とは言えない歯科と言うのは診療所と言う分類になるのだそうです。しかしながら、病院施設でのインプラント治療は数は少ない物の保険が適用する施設が有るという事なのです。

健康な歯のための情報