歯科で受ける手術について

歯科でも手術を行うことがあります。個人経営のクリニックであっても、抜歯は手術扱いになります。特に親知らずの抜歯の場合には、麻酔も必要となり、施術に時間がかかってしまうこともあるのです。他にもインプラント該当をしています。インプラントは歯科の中でも対応をしているところとしていないところがあります。専門の設備が整っていなければ、施術を受けることが出来なくなっていることもあるので、注意をしなければいけません。麻酔医などの専門医を派遣しているところもあります。麻酔医が対応できる日に行うというクリニックも多いのです。

手術をすることもあります

歯科医と言うと、虫歯治療に代表されるように、歯を削って悪いところを削除し、被せ物をすると言うのが一般的なイメージでしょう。しかし、大学病院などだけではなく、市中の開業医の歯医者さんでも手術をすることがあります。その中でも最も多いのは、歯根と言って歯の根っこの先端に膿がたまってしまうと言う症状を改善するために行うものです。その他にも歯科医で行う手術としては、歯周病に対するものがあります。これは、歯周病が進行してしまった際に行われるもので、歯茎や骨の形を整えたり、歯茎を切開してその奥に隠れている歯石などを取り除いたりする大掛かりなものです。

健康な歯のための情報